玄関ドアに必要な防犯対策|見た目にも使い心地にも満足できるフロアコーティングはおすすめ

防犯性能を高める方法

玄関ドアリフォームをして防犯性能を高めることで、泥棒被害に遭うリスクを減らせます。

泥棒が侵入してくる場所ランキング

no.1

泥棒が侵入してくる場所として最も多いのが、窓となります。ガラス破り、打ち破り、焼き破りなどの方法でガラスを割って侵入してきます。

no.2

玄関

窓からの侵入に次いで、2位となったのが玄関です。玄関の場合、ピッキングや鍵破壊などによって侵入します。

no.3

勝手口

勝手口から侵入する泥棒が多い理由は、鍵をかけていない家庭が多いからです。また、人目につきにくく、侵入されやすい場所なので注意しましょう。

no.4

お風呂場

お風呂場は、換気のために1日中空けているという家庭が多いです。「私の所は大丈夫」と思って、開けっ放しにしていると侵入されるリスクが高まります。

no.5

トイレ

トイレに小窓が付いている場合は、その小窓から侵入してきます。小さいから通れないと思っている人が多いですが、泥棒はその隙を突いてくるので注意したほうが良いです。

玄関ドアに必要な防犯対策

メンズ

玄関ドアリフォームで泥棒予防

防犯性能を高めたい時に、玄関ドアリフォームは有効的です。防犯性能が高い玄関ドアは、料金は高めですが、泥棒被害に遭うリスクは非常に低くなります。

ピッキング対策をする

ピッキング対策をしたいなら、鍵穴が見えないスマートコントロールキーやシリンダー錠タイプの玄関ドアや鍵を選びましょう。他にもサムターン回し対策ができる玄関ドアもあります。

飽きないデザインを選ぶ

玄関ドアを選ぶ時は、防犯性も大切ですが、飽きのこないデザインを選ぶことも大切です。1度交換したら10年以上は交換しませんから、飽きないデザインを選んでおくと後悔しないでしょう。

広告募集中